記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月4日 「原発事故と健康への影響について」の学習会を開催しました。

 当日は約60名の参加があり、講師の桑原三恵さんが放射能、放射性物質、放射線などの基本的な言葉の意味から、放射線の種類や単位、被ばくの態様などについて用意してきたパワーポイントを用いて詳しく解説して下さいました。特に被ばくと人体への影響については、外部被ばく、内部被ばく、安定ヨウ素剤の服用と効果、食品の汚染、低線量被ばくの影響、子ども、胎児への影響、福島県の健康調査の結果、チェルノブイリ原発事故の健康への影響、そして福島原発事故に対する政府の対応などについて詳しく解説していただきました。
 講演後の質疑応答では、行政やマスコミが放射線や放射性物質について説明していることが、正しいのかという質問や、安定ヨウ素剤の効果、福島県での健康調査の結果や進め方の問題点、東電に対する米山知事の対応などについて質問が出され、私たちが一般に知らないところまで詳しく解説していただきました。
 学習会後のアンケートでは、難しい問題を分かり易く解説していただいた。福島事故と政府の対応について深く考えさせられた。チェルノブイリの取り組みより、日本政府の取り組みがゆるく、人を大切にしていない。などの感想が多く寄せられていました。

 原発事故からの避難計画の問題点について、実行委員会では今後も継続的に学習会や活動を取り組んでいく予定としています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。