記事一覧

実効性ある避難計画の策定について長岡市へ要望書を提出しました。

 2月3日ににさようなら柏崎刈羽原発プロジェクトで長岡市原子力安全対策室へ「原子力災害に備えた実効性のある避難計画の策定を求める要望書」を提出し、面談を行ってきました。
 長岡市が一昨年12月に作成した「原子力災害に備えた避難計画」について、市は昨年4月に簡単なパンフレットを作成し、市内全戸へ配布していますが、その内容は住民の被ばくを前提としている上、具体性に欠け、実効性のある計画となっていません。さようなら柏崎刈羽原発プロジェクトは原子力災害に対する不安を解消し、実効性ある避難計画を策定するよう長岡市へ要望書を提出し、市の原子力安全対策室へ面談を行ってきました。要望書は以下の通りです。
29.2.3 長岡市への要望書1ページ
29.2.3 長岡市への要望書2ページ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント